猫でもわかるドメイン取得の方法

いきなりドメインと言われてもピンとこない人が多いと思います。しかし、ホームページやブログなどを自分で作るのには、ドメインの取得が絶対に必要です。ここではドメインとはどういうものか、またどのようにして取得するのかを紹介します。

2016年12月の記事一覧

まずは無料でドメインを取得してみよう

ブログやホームページを開設するときに必要になるのがドメインです。これはネットワークに接続しているコンピュータの場所を示す、インターネット上の住所のことで、「http://」の後に続く文字列を指します。住所であるため、同じ文字列は他に存在しません。
ドメインには無料で取得できるものと、有料で独自に取得するものがあります。
無料ドメインは、1つのドメインを複数のユーザーが使うシステムです。たとえば無料ブログサイトの場合は「http://ブログサイトのドメイン/ユーザーID」というURLになります。取得するまでに複雑な手順はなく、手数料もかからないため、ブログを始めたいもののインターネットに精通していない人に向いています。その一方で、万が一ブログサイトがサービスをやめてしまった場合、サイトの住所がなくなるため、自分のブログ内容もインターネット上から消えてしまうデメリットがあります。
一方独自ドメインは、自分の名前やサイト名にちなんだ文字列を指定できるため、検索サービスで多くの類似サイトから突出することができます。無料ブログのようにインターネット上から消えてしまうこともありません。ただし独自ドメインを使用するには年間使用料がかかり、自分でサーバーを用意する必要もあります。何よりネットワークに関する知識が必要なので、初心者にはハードルが高いです。
両者のメリット・デメリットを比べると、インターネット初心者や、ビジネスではなく趣味でブログを書く人は、まず無料ドメインから始めることをお勧めします。インターネットの知識が身につき、ブログをビジネスに使うようになったら独自に取得することを検討してはいかがでしょうか。

続きを読む

ドメインを取得する方法

ドメインを取得する方法には、大きく分けて2種類の選択肢があります。一つは「新規に契約して取得する方法」と、もう一つは「中古を契約して取得する方法」です。

一般的な方法は新規取得ですが、「すでにある被リンク効果を利用したい」という場合には中古を取得した方が効率が良くなりやすい傾向があります。

ドメインとは、インターネット上で特定のWEBサイトの所在を示す住所の様なものであるため、すでに利用されていたものであればそのドメインに対する被リンクが存在している可能性が高くなります。それはつまり「すでにある程度の認知が広まっている住所」と言うことになる為、その住所を知っている人はすぐにでもサイトに訪問することが出来ます。

新規で取得した場合には、まずはその住所が認知される必要があります。その為には良質な記事や集客性の高い記事を作成して多くの人に見てもらうことが必要で、その為には様々な工夫をしながら効果的なWEBサイト作りが必要になってきます。新規の場合はゼロからのスタートであることが確実ですが、中古の場合は「すでに何らかのペナルティを受けている可能性」があるという点にも注意が必要です。

いずれの方法であっても、取得する為には「専門業者を利用する」というのが一般的です。ドメイン取得が出来るサイトなどを利用し、任意のドメインもしくは効果が高いと思われる中古のドメインを選択し、契約料を支払って取得することになります。

契約する為には「クレジットカード」を用いる方法が一般的ですが、中には銀行振込みや現金による直接取引が出来る場合もあります。ですが、一般的な状況はほぼクレジットカード(もしくはデビットカード)を用いて契約することになるので、ドメイン取得を目指すのであればまずはこれらの支払い方法を準備する必要があります。

続きを読む