猫でもわかるドメイン取得の方法

いきなりドメインと言われてもピンとこない人が多いと思います。しかし、ホームページやブログなどを自分で作るのには、ドメインの取得が絶対に必要です。ここではドメインとはどういうものか、またどのようにして取得するのかを紹介します。

ドメインをレンタルサーバーする際のブロックへの注意

独自のドメインを購入してレンタルサーバーで利用する場合はDNSサーバーの設定をする必要があります。
設定を済ませると電子メールも利用できるようになるのですが、それはレンタルサーバーがWebサーバーだけでなくメールサーバーも運用しているためです。
メールアドレスは独自のドメインを使うことができます。
受信メールは、レンタルサーバーが受信しますので、メールソフトを指定通りに設定をすれば電子メールを受け取ることができるようになります。
また、DNSサーバーの設定が済んだとしても、実際に電子メールは利用できるようになるまでには、ある程度の時間がかかります。
レジストリデータベースに設定を行った情報が登録されて、DNSサーバーに反映されるまでに、早い場合だと数時間ぐらいかかり、遅くなると、二日から三日ぐらいかかる場合があります。
レンタルサーバーが受信メールを受け取ってくれますが、送信メールについては契約しているプロバイダが提供する送信サーバーを使うことになるのでレンタルサーバーに影響されることなく利用することができます。
メールソフトを設定する方法としては、受信サーバーにはレンタルサーバーを設定し、送信サーバーにはプロバイダが提供するサーバーを設定します。
レンタルサーバーを提供する業者により送信サーバーとしても利用できる場合があります。
そのときには、レンタルサーバーでも、プロバイダが提供するサーバーでも電子メールを送信することができます。
しかし、近頃のプロバイダはスパムメールに対策するために、プロバイダが提供するサーバー以外を送信サーバーとして利用すると、電子メールを送信するのをブロックされてしまう可能性があります。
そういったときにはプロバイダが提供する送信サーバーからしか電子メールを送信することができません。